2018年07月25日

7月25日の記事

アマプラで初代TV版マクロスの配信が始まっていたので、
懐かしさもあり、通して観てしまいましたw
当時はずいぶんと酷い絵(時々いい絵にはなる)だなあ……とか、
27話以降の辛気臭さはどうしちゃったんだろう……とか、
なんか必死で観てた割に、正直あまりいい印象は
残っていなかったんですよね。
これは多分、設定をリニューアルし、作画のレベルも高く、
シナリオ的にも良くまとまった劇場版「愛おぼえて〜」の
せいでもあると思うんですよ。
この作品も比較のために再視聴したんですが、
今の目で見ても非常に面白い。
全体的に「余裕の無いカオスな雰囲気」のTV版とは、その印象が大きく異なり、
これが評価をして劇場版こそが本筋…みたいな錯覚を
抱かせるのかもしれません。
実際にその後のシリーズの基本設定も、
TV版ではなく、劇場版のものを引き継いでいる感じがします。
ただ僕はこの良くできてるはずの劇場版に、
どことなく違和感みたいなものを感じていました。
完成度の高い劇場版を観てなお、
カオスなはずのTV版に魅力を感じてしまうのです。
劇場版は、何か大切な部分が抜けているという感覚。
思い込みと言えばそれまでの、でも確信に近い感情です。
当時はその違和感がなんなのか、皆目見当もつきませんでしたが、
今回TV版と劇場版をまとめて観ることで、
やっとその違和感の正体が分かりました。
それはまさしく、前述した「余裕のあり、なし」に尽きるのです。
次回はTV版27話を軸に、
両者の演出上の違いを解説していこうと思います。
(続く)









  

Posted by しま at 17:11Comments(0)

2018年07月17日

マルシンM1910スライドリング

マルシンM1910。
新旧スライドリングの違い。

バレルがメッキされ、各部にプルーフマークの再現されていた旧型は
スライドリングに刻まれた溝がスライドに対して垂直(実銃通り)ですが、
それ以降のモデルでは溝が斜めに切られています。
溝は後加工のようですね。
理由としては恐らく垂直に溝を切る治具を紛失したので使わなくなったか、
単純にひと手順ショートカットするために、
治具を使わなくした……の、どっちかだと思います。
わざわざ斜めに溝を切る治具を作り直す理由はありませんから、
正規の治具を使わなくなって以後は、ただただ適当に切ってるんだと思います。
知らんけど(⌒-⌒; )



PS: すいません、今回はほぼ私信です(⌒-⌒; )

PSPS: しばらくブログの更新が滞っていました。
実はこちらの所在地は広島県の安芸区なのですが、
例の水害で本業に少々ダメージを食らいまして(⌒-⌒; )
現在では大分回復し、物流もほぼ通常通り。
しかし、ウチから少し離れた地域は未だに大変な惨状を呈しております。
あらためて、お見舞い申し上げます。





  

Posted by しま at 15:36Comments(0)