2018年06月21日

Catch Cover Pawl


上の写真の部品を見てピン!ときた方はミニミ通です( ◠‿◠ )
この小さくて単純な形の鉄片はCatch Cover Pawlという部品で、
レイルドフィードカバーとセットで組み込まれているものです。



これは光学機器を搭載したフィードカバーが、
必要以上に開いて、機器を傷付けない為のストッパーです。
(キャッチカバーポールは、バレルロックレバーと干渉して機能します)

目立つ部分ですが、何故かこれまでどこのメーカーも再現してこなかったパーツで、
僕もこれまでは自作で作ってたんですよね。
でも今回、ひょんなことから実パーツを入手する幸運に恵まれました( ◠‿◠ )
これで正確な寸法が判明したので、以後はラクに制作出来そうです。
以下の写真は参考です。
本来はノンレイルのカバーには装着されていません、悪しからずです。









上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。