2018年07月25日

7月25日の記事

アマプラで初代TV版マクロスの配信が始まっていたので、
懐かしさもあり、通して観てしまいましたw
当時はずいぶんと酷い絵(時々いい絵にはなる)だなあ……とか、
27話以降の辛気臭さはどうしちゃったんだろう……とか、
なんか必死で観てた割に、正直あまりいい印象は
残っていなかったんですよね。
これは多分、設定をリニューアルし、作画のレベルも高く、
シナリオ的にも良くまとまった劇場版「愛おぼえて〜」の
せいでもあると思うんですよ。
この作品も比較のために再視聴したんですが、
今の目で見ても非常に面白い。
全体的に「余裕の無いカオスな雰囲気」のTV版とは、その印象が大きく異なり、
これが評価をして劇場版こそが本筋…みたいな錯覚を
抱かせるのかもしれません。
実際にその後のシリーズの基本設定も、
TV版ではなく、劇場版のものを引き継いでいる感じがします。
ただ僕はこの良くできてるはずの劇場版に、
どことなく違和感みたいなものを感じていました。
完成度の高い劇場版を観てなお、
カオスなはずのTV版に魅力を感じてしまうのです。
劇場版は、何か大切な部分が抜けているという感覚。
思い込みと言えばそれまでの、でも確信に近い感情です。
当時はその違和感がなんなのか、皆目見当もつきませんでしたが、
今回TV版と劇場版をまとめて観ることで、
やっとその違和感の正体が分かりました。
それはまさしく、前述した「余裕のあり、なし」に尽きるのです。
次回はTV版27話を軸に、
両者の演出上の違いを解説していこうと思います。
(続く)












Posted by しま at 17:11│Comments(0)
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。